2020/1/31 金曜日

20年続く食農教育活動

Filed under: JA倉敷かさや — portal @ 17:02:34


 笠岡市立金浦小学校2年生児童26名がこんにゃく作り体験に笠岡市金浦の迫選果場を訪れました。
 こんにゃく作りに必要なこんにゃく芋は、年々生産量が減っています。そのため輸入されたこんにゃく粉を使ったこんにゃくが販売されていることも少なくありません。こんにゃく芋から作るこんにゃくの味を知ってほしいと、金浦女性部の皆さんは20年に亘り地元の金浦小学校児童にこんにゃく作り体験を行っています。
 児童達はこんにゃくについて学び、自分たちでこんにゃくを成形する作業を体験しました。約150個ほどできあがったこんにゃくは、児童達に配られました。

(JA倉敷かさや 広報誌「ういんぐ」1月号 女性部だより より)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

You must be logged in to post a comment.




 Copyright 2007 (一社)岡山県農協電算センター All Rights Reserved