2019/9/30 月曜日

手作りごはんで子供たちを応援!

Filed under: JA勝英 — portal @ 17:05:48


 岡山県剣道道場連盟は、美作アリーナで第10回岡山県小学生勝抜き剣道大会を開きました。
 JA勝英とJA共済連岡山はこの大会に協賛し、参加チームに手作りのお昼ごはんを振る舞いました。また、参加賞として作州黒大豆を加工した黒々茶を 提供しました。
 大会は、136チーム650人の小学生が参加。試合は三本勝負で、トーナメント方式を採用しました。真夏の暑い中、低学年の部と高学年の部に分かれ、白熱した戦いが繰り広げられました。
 同大会のJAの協賛は今回が初めて。地域貢献活動の一環で、スポーツを頑張る子供たちを応援したいという思いから実現しました。
 お昼ごはんのメニューは炊き込みご飯とぶっかけうどん。米や野菜など地元の食材を使い、地産地消に取り組みました。用意したのは事前に予約申し込みを いただいた約600食。大会前日から20人の女性部員が食材の調達やカットなどの下準備に臨み、大会当日は早朝4時から調理を始めました。ひとつひとつ手作りし、真心を込めました。
 そして迎えた大会本番。お昼になると、お腹を空かせた子供たちで飲食スペースが溢れ返りました。「おいしい」「おかわりしたい」などの声をいただき、 大好評でした。
 JA勝英上原輝子女性部長は「安心安全な食材と温かみのある手作りにこだわって作りました。いっぱい食べて、試合をがんばって欲しい」と話しました。

(JA勝英 広報誌「しょうえいだより」10月号 女性部活動報告 より)

自分磨きのために指先のオシャレを

Filed under: JAびほく — portal @ 17:03:58


 女性部フレッシュミズは、真庭市の北房文化センターで初めてセルフネイル教室を開きました。会員11人が、ネイリストから、自宅でできるネイルの方法を学びました。
 会員は、自宅で簡単にできる方法のほか、マニキュアの保存方法、ネイルを長持ちさせる方法などを学び、実践。見本に沿って専用器具を使い、ストーンなどを散りばめて、出来上がった指先に笑みをこぼしました。

(JAびほく 広報誌「すくらむ」9月号 女性部・青壮年部 活動報告 より)

染物教室を開催

Filed under: JA岡山西 — portal @ 17:02:26


 女性部倉敷東部支部は、帯江支店加工場で染物教室を開きました。
 倉敷ベジ・ラボ野菜研究所の大久保百合子さんを講師に迎え、スカーフ染めを行いました。
 倉敷ベジ・ラボでは、野菜から取り出した染料を使用する野菜染めを行っており、今回は、タマネギの皮を使った染料でオリジナルのスカーフ作りに挑戦しました。
 染物教室は、午前と午後の2回に分けて開催され、29人の部員が参加しました。
 参加した部員らは、「どんな模様にしようかしら」などと話しながら、一枚一枚丁寧に染め上げていきました。
 最後に、干して乾燥させると、優しい色合いのオリジナルスカーフが完成しました。

(JA岡山西 広報誌「なごみ」9月号 エリアニュース より)

素朴な美しさと味わいを楽しむ

Filed under: JA岡山西 — portal @ 17:01:25


 倉敷西ブロック女性部は、第2回女性大学を開きました。
 今回は、日本茶インストラクターの高杉紀子さんを講師に迎え「お干菓子作り」を学びました。
 和三盆を白・ピンク・黄色に色付けし、それをふるいにかけ、専用の木型で色々な形に仕上げていきました。
 初めての体験で上手にできるか心配していましたが、「うまくできた」「色がかわいい」と、出来上がった干菓子を見せ合っていました。

(JA岡山西 広報誌「なごみ」9月号 エリアニュース より)




 Copyright 2007 (一社)岡山県農協電算センター All Rights Reserved