2019/7/31 水曜日

手作りうどん

Filed under: JAつやま — portal @ 17:02:42


 津山南支部河辺班の部員6人は、広野小学校2年生の学級PTA活動で、津山産小麦「津山のほほえみ」を使ったうどん作りを指導しました。児童18人と保護者など総勢47人分のうどんを作りました。
 みんな初めての経験で、粉をこねて、その生地を足で踏んでと楽しんで作りました。よく踏んである班は、伸ばしてみてもよく伸びおいしいうどんになりました。子供たちが一生懸命するので、部員たちも相談しながらおいしくなるようにと指導しました。
 出来上がったうどんをみんなで食べ、おいしいのでお代わりする子供もいました。お母さんたちも、こんなにおいしくなるんだと感心していました。
 今回は手作りのおいしさを味わってもらえる活動ができてよかったと思います。

(JAつやま 広報誌「シャイン」7月号  女性部活動 より)

認知症予防を学ぶ

Filed under: JA岡山東 — portal @ 17:01:42


 JA女性部備前支部は、支部総会を里香園で開きました。総会後、備前市包括支援センターの吉則保健師を招き、認知症予防の話を聞きました。
 認知症予防には、日ごろからバランスの良い食生活と水分をしっかりと摂るように心がけ、日常生活でも前向きに、人とのふれあいを大切にして、生活不活発病にならないようにすることが大事です。特にボランティア活動はとても良いそうです。
 指体操では、自分の指なのに思うように動かず、みんなで大笑いし、最後に「認知症サポーターキャラバン」のマスコットキャラクターをフエルトで作成しました。
 とても参考になる話で、またこのような話が聞きたいとの声もありました。

(JA岡山東 広報誌「JA岡山東」7月号 News&Topix より)

消しゴムはんこ講座

Filed under: JAまにわ — portal @ 17:00:31


 女性大学ふる一るの開校式をJAまにわ久世支所で行いました。開校式では女性部部長の片岡典子さんが「ふる一るでは皆さんに豊かな知識を身に付けるとともにたくさんのことを経験してほしい。皆で協力して楽しい活動をしていきましょう」と挨拶しました。
 開校式のあとは、「がざい石はら」の矢野由美さんと杭原まどかさんを講師に招き、消しゴムはんこ講座を行いました。
 参加者は「力のいる作業で疲れたが楽しかった。一度はやってみたかったのでいい経験になった」と笑顔で話しました。

(JAまにわ 広報誌「きらめき」7月号 News in まにわより)




 Copyright 2007 (一社)岡山県農協電算センター All Rights Reserved