2018/10/31 水曜日

マルシェ出品ヘモモジャムに挑戦

Filed under: JA岡山東 — portal @ 17:03:41


 JA岡山東フレッシュミズ「ChouChou(シュシュ)」は、赤磐市の岡山県農業開発研究所でモモジャム作りに挑戦しました。黄金桃ジャムに加え、「清水白桃」の白桃ジャムも作りました。完成したジャムは、徳島県で開かれた第13回JA中四国地区女性部組織フレッシュミズ交流集会のマルシェに出品しました。(一般販売はしていません。)
  飯田研究員の指導の下、参加したメンバー7人が、モモを2つに割って種と皮をむき、ミキサーにかけピューレ状にし、それぞれに砂糖、クエン酸、ペクチンを加えて加熱。1つ1つ手作業で殺菌したガラス瓶に充填し、黄金桃ジャム186個(110グラム瓶)と白桃ジャム84個(110グラム瓶)が出来上がりました。
  JA岡山東女性部フレッシュミズの黒澤代表は、「本格的な施設を使ってのジャム作りはとても勉強になった。『JA岡山東と言えば、モモジャム』と言ってもらえるように頑張りたい」と話しました。

(JA岡山東 広報誌「JA岡山東」11月号 News&Topix より)

押し絵作り

Filed under: JAつやま — portal @ 17:02:56


 津山南支部河辺班は、14人が参加して、押し絵で来年の干支の親子イノシシを作りました。
  今回から女性部に入部された人が、初めて参加したのがイノシシの押し絵作りでした。最後まで完成させようとひとりになるまで頑張って作り、「これから毎年作ってみたい。」と喜ばれていました。また、「クッキングフェスタや家の光大会などイベントがたくさんあるので積極的に参加したい。」と言われています。
  毎年作っている経験者は、手早く上手に作られ、まだ少し先ですが、「新年を迎えるのが待ち遠しいです。」と言われていました。

(JAつやま 広報誌「シャイン」10月号  女性部活動 より) 

つまみ細工講座

Filed under: JAまにわ — portal @ 17:01:23


 JAまにわ久世支所で女性大学ふるーるの3回目のカリキュラムを行いました。「つまみ細工葉(よう)ちっく」の小笹さんを講師に迎え、つまみ細工講座を行いました。つまみ細工は小さな布を折りたたみ、花や蝶などを模る手芸で江戸時代中期から伝わる日本の伝統工芸です。
  受講者は初めての経験で苦戦していましたが、講師の指導や仲間同士で助け合い、世界に一つだけの美しい花のブローチを作り上げました。

(JAまにわ 広報誌「きらめき」10月号 女性部通信より)




 Copyright 2007 (一社)岡山県農協電算センター All Rights Reserved