2018/8/31 金曜日

JA運営に女性の声を

Filed under: JA阿新 — portal @ 17:05:42


 女性部は、JA事業計画など重要事項を決める第47回通常総代会に弁当作りで協力しました。部員18人がおこわ600食を調理し、会場で議案の審議や採決などを通じてJA運営に参画する総代に届けました。
 今回は女性部が推薦する理事を2人に増やす役員選任議案などが可決され、女性参画に向けて前進しました。
 部員は「これを機に新しい部員や組合員を増やし、女性の視点をJA運営に生かしていきたい」と期待を込めます。

(JA阿新 広報誌「あしん」8月号 ニュース&トピックス より

水車小屋においで

Filed under: JA阿新 — portal @ 17:04:09


 JA女性部神代支部は、名所の一つ親子孫水車周辺の公園内に約400本の花を植えました。豊かで暮らしやすい地域づくりに向け、住民と協力して取り組む美化活動です。
 部員15人がサルビア、マリーゴールド、ヒマワリ、ビオラ、センニチコウなどの苗を家庭から持ち寄り、プランター45基にバランスよく配置しました。赤、黄、榿、紫など彩りを添え、イベントの来場者や施設の利用者を迎えます。
 部員は「住んで良かった。来てよかったと思ってもらえる地域にしたい」と話します。

(JA阿新 広報誌「あしん」8月号 ニュース&トピックス より

なでしこ通信 第4期生開講式、第1回講座開催

Filed under: JA岡山 — portal @ 17:03:31


 JA岡山本所ビルでJA岡山女性大学「なでしこカレッジ」が開講し、第4期生25人が参加しました。受講生はさまざまな学習を通じて心豊かな地域づくりと仲間づくりを行います。
 開講式では、JA岡山女性部の北川部長が「たくさんの方が参加してくれてうれしい。みんなで仲よく学んで女子力をアップしましょう」とあいさつ。
 続いて行われた第1回講座のJA学習では、受講生はJAの事業活動が多岐に渡ることや、自分たちの身近な存在であったことを改めて知りました。
 その後、「お洒落モダンな苔玉づくり」と題してGardenゆうなの川口さんを講師に招き、苔玉づくりに挑戦しました。受講生は完成図を考えながら、楽しく苔玉を作っていました。

(JA岡山 広報誌「ぱれっと」8月号 なでしこ通信 より)

ごぼうづくしの料理教室を開催しました

Filed under: JA倉敷かさや — portal @ 17:02:57


 連島支店加工室にて連島地区女性部の皆さん18名が、地元特産の連島ごぼうを使った料理教室に参加しました。
 地元特産の連島ごぼうですが、ゴボウというと、レパートリーが少なく家で作るのはきんぴらがほとんど、と言う方が多く、「連島ごぼうを食べましょう!」と、この料理教室が開催され、パティオつらじまで惣菜を販売している班から3名の女性部員が、この日の講師となり、ごぼう丼・ごぼうとニンジンの八幡巻き・ごぼうの揚げ漬け・ごぼうサラダ・ごぼうのポタージュスープの5品を教えてもらいました。

(JA倉敷かさや 広報誌「ういんぐ」8月号 女性部だより より)

エコクラフトテープを使ってかごバック作り

Filed under: JA倉敷かさや — portal @ 17:01:06


 倉敷支店2階会議室にて倉敷地区女性部がエコクラフトテープを使ってかごバック作りをしました。
 以前からエコクラフトテープで、かご作りをしてみたいと思っていた倉敷地区女性部の皆さん。今回、西阿知地区女性部から佐々木部長を含め5名の部員に講師として倉敷支店へ来てもらい、パンかご・大きめなかご・小さいかごの3種類の中から自身の好きなものを選んで取り組みました。
 1段ずつ丁寧に編み込んでいく事で徐々にバックが出来上がっていく、かごバック作りは根気と時間が必要で、お昼休憩を挟んで1日がかりで作成に取り組みました。
 1日で出来上がらなかった女性部の方の中には「明日も続けてしたい」と、かごバック作りに魅了されていました。

(JA倉敷かさや 広報誌「ういんぐ」8月号 女性部だより より)




 Copyright 2007 (一社)岡山県農協電算センター All Rights Reserved