2020/2/28 金曜日

収穫祭

Filed under: JAつやま — portal @ 17:04:53


 柵原支部では、春は畑作りを先輩部員や農協、近所の人達に聞き、これでいいのかなあと心配しながら作業してきました。おかげ様で手をかけた分だけおいしそうな野菜が、玉ねぎから始まりピーマン、なすなど次々実ってくれました。畑をやった事のない支部長が手伝って大丈夫だろうかと思いましたが、秋になると素晴らしいさつま芋がたくさん取れました。
 そこで皆様にお礼を兼ね収穫祭をさせていただきました。さつま芋を使った料理という事で、カレーライスとシャイン11月号の裏表紙に載ったレンコンコロッケで思いつき、コロッケと決めました。朝早くから有志の部員で「おいしくなれー」と一生懸命作りました。カレーをおかわりする様子にホッとし、「さつま芋のコロッケ、おいしかった。」の声も聞かれ、やってよかったと嬉しく思いました。
 これからも勉強しながら無事故で地域の皆様とともに頑張っていきたいと思います。

(JAつやま 広報誌「シャイン」2月号  女性部活動 より)
 

2019/11/29 金曜日

鯛をさばいて

Filed under: JAつやま — portal @ 17:04:31


 津山北フレッシュミズは、連子鯛をさばいて手巻き寿司にして試食しました。あらはだしを取りすまし汁にし、残りは煮付けにもしました。
 手巻きの具には、鯛の湯引き、サーモン、はまち、えび、厚焼き玉子を用意し、茶碗蒸しも作りました。
 魚をさばくのは、ほとんどの人が初めてで、鯛のウロコを包丁で取るのに、部屋中飛び散って大変でしたが、みんなでにぎやかにできました。三枚下ろしにしましたが、背骨なども多く身がくずれてしまい悪戦苦闘しました。中には上手にできた人もいて楽しくなり、これからお祭りやお正月に魚を買って来て、新たなメニューを増やして家族に食べてもらいたいと思いました。
 みんなですると楽しくできるけど、ひとりでできるかなと不安にもなりました。

(JAつやま 広報誌「シャイン」11月号  女性部活動 より)

健康のつどい

Filed under: JAつやま — portal @ 17:03:29


 久米支部は、31人の仲間が参加し「健康のつどい」を開催しました。
 今年はJA岡山厚生連の岡保健師をお迎えして、楽しいお話とタオル体操のご指導をいただきました。『体調に一番影響するのはものの考え方です。プラス思考でくらしましょう!!』『元気でいるために自分のからだが喜ぶ声をかけましょう!!“ありがとう!!”“スキ、スキ、スキ!!”』
 タオル体操では、血流をよくする体操を教えていただきました。『足のうらにタオルをかけて、ゴシゴシゴシとこすれば、電気代要らずで、からだがホコホコ!』「教えていただいた体操を、グループ活動の時にやろうネ。」といううれしい声がありました。
 後半は楽しいミニ運動会です。ボーリソグ・大そうじ・パン食い競争。みんなで大騒ぎ。ミニバラの鉢とパンを参加賞に、本当に楽しい半日でした。

(JAつやま 広報誌「シャイン」11月号  女性部活動 より)

2019/7/31 水曜日

手作りうどん

Filed under: JAつやま — portal @ 17:02:42


 津山南支部河辺班の部員6人は、広野小学校2年生の学級PTA活動で、津山産小麦「津山のほほえみ」を使ったうどん作りを指導しました。児童18人と保護者など総勢47人分のうどんを作りました。
 みんな初めての経験で、粉をこねて、その生地を足で踏んでと楽しんで作りました。よく踏んである班は、伸ばしてみてもよく伸びおいしいうどんになりました。子供たちが一生懸命するので、部員たちも相談しながらおいしくなるようにと指導しました。
 出来上がったうどんをみんなで食べ、おいしいのでお代わりする子供もいました。お母さんたちも、こんなにおいしくなるんだと感心していました。
 今回は手作りのおいしさを味わってもらえる活動ができてよかったと思います。

(JAつやま 広報誌「シャイン」7月号  女性部活動 より)




 Copyright 2007 (一社)岡山県農協電算センター All Rights Reserved