2019/8/30 金曜日

野菜・花を育てよう

Filed under: JA阿新 — portal @ 17:02:33


 女性部の野菜や花を育てる活動が、家庭菜園やガーデニングの楽しさを仲間と一緒に味わえると人気です。神代支部は野菜の講習会や苗の配布を通じて栽培意欲や技術を高め合っている他、身近な名所に花を植えて地域の美化にも貢献しています。
 トマト、ナス、ピーマン、ジャンボピーマン、カボチャなどを栽培。17人が仲間の畑に集まり、生育具合を確認しながら枝管理や病虫害への対応などを営農指導員に教わりました。講習会を機に家庭菜園を始めたという部員は「アドバイスが役立ち、年々品目が増えてきた。子や孫が食べてくれるのでうれしい」と意欲をみせます。
 花植えでは20人が親子孫水車の公園の花壇やプランターに苗を植えました。コスモス、マリーゴールド、ベゴニア、サルビア、百日草など約400本で、11月頃まで多彩な花々を楽しめます。部員は「花を植えていると会話が弾み、仲良くなれる。遊びに来て」と歓迎します。

(JA阿新 広報誌「あしん」8月号 ニュース&トピックス より)

伝承のひしお味噌づくりが始まりました

Filed under: JA倉敷かさや — portal @ 17:01:29


 地元の先輩から受け継いでいる「ひしお味噌」づくりが今年も陶山地区女性部6人によリ、笠岡営農センター加工場で始まりました。
 麦と煎った大豆を混ぜ合わせたこうじ菌に、煮たシイタケ・ハチミツ・水飴・醤油を入れ混ぜたひしおを樽に移し、各家庭に持ち帰り約1ヶ月の間、陽が当たる場所に出しながら発酵させ、毎日、朝と夕方にひしおを混ぜる作業を行い、味噌を完成させます。
 女性部の皆さんはこの作業を17年間継続しています。
 このように手間をかけて完成した「ひしお味噌」は、とても人気があり女性部の皆さんも「味噌を心待ちにしてくれているお客様がたくさんいるので、大変だけど頑張れる。これからもこの味を守っていき伝承していきたい」と話されました。

(JA倉敷かさや 広報誌「ういんぐ」8月号 女性部だより より)

2019/7/31 水曜日

手作りうどん

Filed under: JAつやま — portal @ 17:02:42


 津山南支部河辺班の部員6人は、広野小学校2年生の学級PTA活動で、津山産小麦「津山のほほえみ」を使ったうどん作りを指導しました。児童18人と保護者など総勢47人分のうどんを作りました。
 みんな初めての経験で、粉をこねて、その生地を足で踏んでと楽しんで作りました。よく踏んである班は、伸ばしてみてもよく伸びおいしいうどんになりました。子供たちが一生懸命するので、部員たちも相談しながらおいしくなるようにと指導しました。
 出来上がったうどんをみんなで食べ、おいしいのでお代わりする子供もいました。お母さんたちも、こんなにおいしくなるんだと感心していました。
 今回は手作りのおいしさを味わってもらえる活動ができてよかったと思います。

(JAつやま 広報誌「シャイン」7月号  女性部活動 より)

認知症予防を学ぶ

Filed under: JA岡山東 — portal @ 17:01:42


 JA女性部備前支部は、支部総会を里香園で開きました。総会後、備前市包括支援センターの吉則保健師を招き、認知症予防の話を聞きました。
 認知症予防には、日ごろからバランスの良い食生活と水分をしっかりと摂るように心がけ、日常生活でも前向きに、人とのふれあいを大切にして、生活不活発病にならないようにすることが大事です。特にボランティア活動はとても良いそうです。
 指体操では、自分の指なのに思うように動かず、みんなで大笑いし、最後に「認知症サポーターキャラバン」のマスコットキャラクターをフエルトで作成しました。
 とても参考になる話で、またこのような話が聞きたいとの声もありました。

(JA岡山東 広報誌「JA岡山東」7月号 News&Topix より)

消しゴムはんこ講座

Filed under: JAまにわ — portal @ 17:00:31


 女性大学ふる一るの開校式をJAまにわ久世支所で行いました。開校式では女性部部長の片岡典子さんが「ふる一るでは皆さんに豊かな知識を身に付けるとともにたくさんのことを経験してほしい。皆で協力して楽しい活動をしていきましょう」と挨拶しました。
 開校式のあとは、「がざい石はら」の矢野由美さんと杭原まどかさんを講師に招き、消しゴムはんこ講座を行いました。
 参加者は「力のいる作業で疲れたが楽しかった。一度はやってみたかったのでいい経験になった」と笑顔で話しました。

(JAまにわ 広報誌「きらめき」7月号 News in まにわより)

2019/6/28 金曜日

仲間づくりで地域支える農作物栽培

Filed under: JAびほく — portal @ 17:01:31


 今年も、女性部ダルマササゲ栽培プロジェクトが始まり、各支部で播種作業を行いました。今年度は栽培者が前作のおよそ4倍の57人、栽培面積は同3.5倍の1.6haに拡大するなど仲間の輪が広がりました。
 備北広域農業普及指導センターや先輩生産者の協力も得て作成した栽培暦とJA推奨の棚栽培のマニュァルを参加者で共有し、技術の底上げと栽培基準統一を狙います。

(JAびほく 広報誌「すくらむ」7月号  いきいきライフ より)

花アレンジで気持ちも華やかに

Filed under: JA岡山西 — portal @ 17:00:20


 女性部玉島支部は、玉島支店2階で「フラワーアレンジメント教室」を行いました。
 参加した10人は、用意したカーネーションやバラ、矢車草などの中から、それぞれ好きな花を使って色鮮やかなフラワーアレンジメントを作りました。
 アレンジをしながら仲問との会話もはずみ、楽しみながら女性部員同士の親睦を深めることができました。

(JA岡山西 広報誌「なごみ」6月号 エリアニュース より)

2019/5/31 金曜日

みんなで楽しくパンを作りました

Filed under: JA倉敷かさや — portal @ 17:04:57

 
 倉敷地区女性部の第3火曜日クラスのパン教室(会員8人)が、倉敷支店加工室笑顔(にこにこ)で開かれました。
 亀山先生の指導のもと、7人の参加者が「みんなで楽しくパンを作ろう!」と“バターフランスパン”と“いちご風味チョコメロンパン”に挑戦し、デザートに“いちごのヨーグルトババロア”も作りました。
 パンを作る工程の前に注意点などの説明を、皆さんを集めて分かりやすく教える亀山先生の教室はとても楽しく、とても美味しそうなパンができました。

(JA倉敷かさや 広報誌「ういんぐ」5月号 女性部だより より)

自分たちにできること

Filed under: JA倉敷かさや — portal @ 17:03:19

 
 西阿知グリーンセンター2階会議室にて西阿知地区女性部総会を開催しました。
 総会では、佐々木地区長から「何か自分たちにできること、新しいことに、仲間で取り組んでいきましょう」また、西阿知支店岡支店長より「農協まつりの他、全国でも指折りの大きな農協となる来年4月の8JA合併など、多方面での皆さんのご協力をお願いします」との挨拶があり、議事へと移り平成30年度の活動方向・収支報告が行われ、続いて平成31年度の活動計画・予算書、班編成について報告され承認されました。
 総会終了後はJA共済の『きずな町物語』DVDを視聴し、意識と行動のズレを知ることを学んだほか、JA共済連岡山の奥田さんと豊岡さんから、頭の体操となるゲームや健康増進を目的とした「レインボー体操」を教えていただきました。

(JA倉敷かさや 広報誌「ういんぐ」5月号 女性部だより より)

2019/4/26 金曜日

「ぴっとカフェ」本オープンしました!

Filed under: JAまにわ — portal @ 17:05:01


 勝山支部のメンバーが、旧車両整備工場の事務所を活用して立ち上げた「ぴっとカフェ」が本オープンしました。
 「ぴっとカフェ」は加工品などの研究やカフェ機能を持った施設で、JA共済の地域貢献活動事業を利用して改修し、仮稼動していました。
 本オープン前からロコミなどで広まり、食事とくつろぎの時間を楽しもうと、来店者が増えてきました。
 これから加工品などの開発にも積極的に取り組み、真庭の食の拠点として活動します。
 新支部長の吉岡良子さんは「国産、真庭産の材料にこだわり、健康で美味しいものを提供していきたい」と意気込みを話しています。

(JAまにわ 広報誌「きらめき」4月号 女性部通信より)

次ページへ »



 Copyright 2007 (一社)岡山県農協電算センター All Rights Reserved